2012年01月10日

忘却との闘い方

社労士受験勉強は、「忘却との闘い」である。

出題分野が、10科目もあるので、記憶すべき知識量も膨大です。

学校で、次から次へと新しい知識をインプットしていくと、トコロテン方式に、古い知識が忘却の彼方へと葬り去られてしまいがちです。

しかし、それを放置しておくと、合格レベルには到底たどり着くことはできません!

当然のことながら、本試験当日には、全科目の全知識をもって試験に臨まなければなりません。

ならば、習ったことを忘れている暇はないはずです。

それを防ぐには、定期的な学習内容の見直し・・・「反復学習」

が必要不可欠です。

毎回の授業の復習で、手一杯になり、過去の学習内容の見直しを怠っていると、直前期になってから、慌てふためき、もはや手遅れになる危険性があります。

「忘れることを恐れよ!」

これを合言葉に、シツコク、シツコク、復習しまくってください!

問題集も、同じ問題を本試験までに、最低でも5回は繰り返して解いてください。

「いつでも、どこからでも、かかってこい!」

 と言えるレベルになって、初めて「合格」の土俵に乗れるのだ・・・と考えてください!

どうですか?

「忘れてしまった・・」なんて、嘆いている暇なんて、ないはずですよね~?!
posted by オジサン社労士 at 16:41
"忘却との闘い方"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。